Friendly Match 親善試合

両者の意地がぶつかり合った好ゲーム ニコラス・カスティージョの泥臭いゴールでチリが辛勝

国際親善試合 メキシコ 0-1 チリ
▲ 89分に値千金の先制点を決めて親指を咥えるニコラス・カスティージョ
10月16日に行われた国際親善試合。メキシコのケレタロで行われた「メキシコ×チリ」は、終了間際のゴールによってチリが接戦を制した。

メキシコはキックオフ直後にいきなりシュートを放つと、9分にはヘスス・コローナがペナルティエリアの右側をドリブルで崩してシュートに持ち込んだが、ボールはサイドネットを揺らすに留まった。

対するチリは、14分にアルトゥーロ・ビダルのスルーパスにマウリシオ・イスラが右足で合わせたが、シュートはわずかに枠を逸れる。37分にはイスラ、アレクシス・サンチェスとダイレクトでつないだボールを最後はジュニオール・フェルナンデスが左足でゴールへ流し込もうとしたが、枠を捕らえたシュートはキーパーが倒れながら両手を伸ばしてボールを弾き出した。

後半、メキシコは49分、50分とチャンスメイク。そして72分にはスルーパスでペナルティエリアに達したイルビン・ロサーノが、フェイントで一人を振り切って右足を振り抜くも、シュートはサイドネットを揺らしロサーノは倒れたまま両手で顔を覆った。

チリは76分にアレクシス・サンチェスのフリーキックが相手のクリアを誘うと、セカンドボールをマウリシオ・イスラが胸でトラップしてすかさず左足を振り抜いた。ボールはキーパーの両手を弾いてゴールラインを割ったが、その直前でオフサイドポジションにいたギジェルモ・マリパンがイスラの蹴ったボールに対してスルーで関与したとみなした線審がフラッグを上げて、主審はオフサイドを取った。ビダルは主審に、イスラは線審にそれぞれ抗議しに行ったが判定は覆らず、抗議の間スタンドを埋めたメキシコのサポーターから激しいブーイングが轟いた。

0−0 のまま終盤になり、引き分けの様相が色濃くなった89分にチリが先制点を奪った。イスラからのパスをアレクシス・サンチェスが右足のインサイドキックで落とすと、ペナルティアークでニコラス・カスティージョがシュート。キーパーが一度は弾いたが、キーパーより一瞬早くこぼれ球に追いついたカスティージョは右足で強引にゴールへ押し込んだ。

メキシコは失点した際にカスティージョと交錯した際にGKウーゴ・ゴンサーレスが左肩を痛めてしまい、そのまま負傷交代。チームも、チリを相手に最後までゴールを奪えなかった。

国際親善試合 (2018/10/16)
メキシコ 0-1 チリ
ウーゴ・ゴンサーレス
(ラウール・グディーニョ)
GK ブライアン・コルテス
ルイス・ロドリゲス
ディエゴ・レジェス
ネストル・アラウーホ
ヘスス・ガジャルド
DF マウリシオ・イスラ
エンソ・ロコ
ギジェルモ・マリパン
アルフォンソ・パロ
(エウヘニオ・メーナ)
ハビエル・グエメス
(エリック・アギーレ)
エリック・グティエレス
マルコ・ファビアン
(イサー・ブリスエーラ)
MF ガリ・メデル
アルトゥーロ・ビダル
ディエゴ・バルデス
(エリック・プルガル)
ジュニオール・フェルナンデス
(パウロ・ディアス)
ヘスス・コローナ
(フルヘン・ダン)
ラウール・ヒメーネス
イルビン・ロサーノ
(エンリ・マルティン)
FW アンヘル・サガル
(ニコラス・カスティージョ)
アレクシス・サンチェス
ゴール 89 ニコラス・カスティージョ
マルコ・ファビアン
ネストル・アラウーホ
イエロー
カード
アルフォンソ・パロ
ガリ・メデル
ヒカルド・フェヘッチ・ジ・オリベイラ 監督 レイナルド・ルエーダ
主審: ジョエル・アギーラル (エルサルバドル)
会場: エスタディオ・コレヒドーラ (ケレタロ)
2018.10.16

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。