Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

エベルトン・ヒベイロの2ゴールで勝ったフラメンゴ 2位が確定してリベルタドーレス出場権獲得

カンピオナート・ブラジレイロ 2018 第37節 クルゼイロ 0-2 フラメンゴ
▲ 7分に先制のゴールを決めたエベルトン・ヒベイロ(右)に駆け寄って祝福するフラメンゴのイレブン
11月24〜26日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2018 の第37節。ミナス・ジェライス州の州都ベロ・オリゾンチで行われた「クルゼイロ×フラメンゴ」は、エベルトン・ヒベイロの2ゴールでフラメンゴが勝利を収めた。

奇跡の逆転優勝を信じて戦ったフラメンゴは、7分に先制。右サイドに開いたエベルトン・ヒベイロがドリブルでペナルティエリアに近づき、エジージオの股間を抜いてペナルティエリアに侵入。エベルトン・ヒベイロは角度のないところから得意の左足でファーサイドのゴールネットにボールを突き刺して、チームメイトの熱い祝福を受けた。

クルゼイロは16分にウルグアイ代表MFジョルジアン・デ・アラスカエータがペナルティエリアで足を掛けられたかに見えたが、転倒しても主審がシミュレーションとみなして起き上がるように促したことから、クルゼイロのイレブンが主審に詰め寄って抗議する一幕も。21分にはホビーニョが鋭いシュートを打つも、ボールはポストをかすめて枠外に逸れた。そして34分には元ベガルタ仙台のチアゴ・ネービスがシュートに持ち込んだが、ボールはキーパーにキャッチされた。

後半、立ち上がりにビチーニョのシュートでチャンスメイクしたフラメンゴは、51分にエベルトン・ヒベイロがペナルティアークの手前から左足を振り抜いてゴールネットに突き刺し、2-0 とした。

終盤はクルゼイロが厚い攻撃を仕掛けたが、フラメンゴは度重なるピンチでGKせーザルがファインセーブを連発したことで無失点で切り抜けることに成功した。

同時刻開催の試合で首位パウメイラスが勝ったため、フラメンゴのリーグ優勝は未遂に終わったが、今季は2位が確定したことで2019年のリベルタドーレスにグループリーグから出場する権利は獲得した。一方のクルゼイロは、コパ・ド・ブラジウを優勝しているため、ブラジレイロンでは8位でもリベルタドーレスにグループリーグから出場する権利は獲得している。

カンピオナート・ブラジレイロ 2018 第37節 (2018/11/25)
クルゼイロ 0-2 フラメンゴ
ファービオ GK セーザル
エジウソン
デデ
レオ
(マノエウ)
エジージオ
DF パラ
レオ・ドゥアルチ
ホドウフォ
ヘネ
アリエル・カブラル
(サッサー)
ルーカス・ロメーロ
チアゴ・ネービス
(デイビッジ)
ジョルジアン・デ・アラスカエータ
ホビーニョ
MF グスターボ・クエージャル
ウィリアン・アロン
ジエゴ
フレッジ FW エベルトン・ヒベイロ
(ホムーロ)
フェルナンド・ウリーベ
(ルーカス・パケター)
ビチーニョ
(オルランド・ベリーオ)
ゴール 07 エベルトン・ヒベイロ
51 エベルトン・ヒベイロ
アリエル・カブラル
ルーカス・ロメーロ
エジウソン
デデ
フレッジ
ホビーニョ
イエロー
カード
フェルナンド・ウリーベ
ヘネ
グスターボ・クエージャル
マノ・メネーゼス 監督 ドリーバウ・ジュニオール
主審: ジェアン・ピエーヒ・ゴンサウベス・リーマ
会場: エスタジオ・ド・ミネイロン (ベロ・オリゾンチ)
2018.11.25

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。