Football News その他のニュース

ダレッサンドロの親善試合にルチョ、アボンダンシエリ、ジーダ、ドゥンガ、ベロン、レコバらが集結

アンドレス・ダレッサンドロ主催親善試合 ダレッサンドロ・フレンズ 8-5 ルッシオ・フレンズ
▲ ベイラ・リオに詰めかけたインテルナシオナウのサポーターと笑顔で記念撮影に興じる元アルゼンチン代表MFアンドレス・ダレッサンドロ(中央)
元アルゼンチン代表MFアンドレス・ダレッサンドロの主催による親善試合が12月16日、ブラジル南部のポルト・アレグレ行われた。インテルナシオナウのホームスタジアムであるエスタジオ・ベイラ・リオで行われた「ダレッサンドロ・フレンズ×ルッシオ・フレンズ」は、元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアンやダレッサンドロの2ゴールなどでダレッサンドロ・フレンズが快勝した。

この試合は、現役を引退している者を含めてダレッサンドロや元ブラジル代表DFルッシオと親交のある選手が参加。ザーゴ、クラウジオ・ピッチブウ、ルチョ、アボンダンシエリ、ジーダ、ドゥンガ、ベロン、レコバと蒼々たる顔ぶれがピッチを彩った。それだけでなく、2年前の旅客機墜落事故で奇跡的に生存したシャペコエンセのアラン・フシェウとジャクソン・フォウマンの二人も、この試合に招待されてそれぞれ出場した。

▲ 17分にゴールを決めた元ブラジル代表FWルイス・アドリアーノ(中央)を笑顔で祝福した元アルゼンチン代表MFファン・セバスティアン・ベロン(左)
ダレッサンドロ・フレンズは、川崎フロンターレへの移籍が決まっているレアンドロ・ダミアンが5分にドリブルで一人を抜いてキーパーと1対1になったが、右足で打ったシュートは元ブラジル代表GKジーダが右膝に当ててブロック。しかし10分にダレッサンドロからのパスを、レアンドロ・ダミアンは右足でゴールポストとGKジーダとの間を貫くシュートを決めて先制した。

ルッシオ・フレンズは14分、元アルゼンチン代表MFファン・セバスティアン・ベロンとの連携で最終ラインを突破した元ブラジル代表FWルイス・アドリアーノが右足でシュートを打ったが、ボールはニアサイドのポストを直撃。それでも17分に、ベロンが前線へボールを浮かせると、最終ラインの裏で胸トラップしたルイス・アドリアーノが左足でゴールに流し込んで 1-1 とした。

▲ 37分、主審(右)に促されて審判員といっしょにVARシステムの映像を確認する元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアン(白いユニフォーム)
30分にオーバーヘッドキックでゴールを狙ったレアンドロ・ダミアンは、37分にダレッサンドロのクロスを左足で軽く合わせて2ゴール目を決めた。この場面で、主審はVARシステムでの確認を実施すると、ゴールを決めたレアンドロ・ダミアンを呼び寄せて肩を組みながらピッチサイドへ向かい、いっしょにVARの映像を観るパフォーマンスでスタンドを湧かせた。

42分には、2010年までインテルナシオナウで活躍したブラジル代表FWタイソンがドリブルで3人抜きを抜くと、最後はGKジーダをも振り切って無人のゴールへシュートを決め、スタンドの歓声を誘った。

ハーフタイムに多くの選手交代が行われて迎えた後半、ダレッサンドロ・フレンズは51分にエデニウソンのループシュートが決まって 4-1 と突き放した。だが、ルッシオ・フレンズは57分にグレミオOBのクラウジオ・ピッチブウがPKを決めると、62分にはクラウジオ・ピッチブウのクロスにアロイージオ・ボイ・バンジードが右足で合わせてゴール右隅に沈めて 4-3 とする。

▲ 2年前の旅客機墜落事故で右足切断を余儀なくされたフォウマンは、義足を着けて途中出場。81分には義足でPKを決めて観る者を感動させた
ダレッサンドロ・フレンズは65分にダレッサンドロのスルーパスでがら空きの相手陣内を駆け上がった元ウルグアイ代表MFルベン・パスが、ペナルティエリアでアレックス・ハファエウとのパス交換を経て左足でゴールを決めて 5-3 。68分にはダレッサンドロがゴールを決めると、その2分後には右サイドを独走してペナルティエリアに入ったダレッサンドロが、キーパーを引きつけて左にパスを出して、セルジオ・ベルトリッシのゴールをお膳立てした。このときも主審はVAR確認でダレッサンドロを呼び寄せると、主審から笛を渡されたダレッサンドロが自身のアシストを認定するホイッスルを鳴らして、スタンドの笑いを誘った。

76分には、2年前の墜落事故で右足切断の重傷を負ったジャクソン・フォウマンが、右の義足を着けてキーパーでなくフィールドプレーヤーとしてピッチに登場すると、観客や選手から惜しみない拍手が贈られた。そして78分にダレッサンドロがペナルティエリアでマグロンを押し倒して、ルッシオ・フレンズにPKが与えられると、PKをフォウマンが務めることになってスタンドからは拍手と歓声が沸く。フォウマンが義足で蹴ったPKは二度外れたが、二度とも元アルゼンチン代表GKロベルト・アボンダンシエリが先に動いたとの判定でやり直しになった。そしてフォウマンが三度目の正直でPKを決めると、敵味方関係なく選手が駆け寄って抱擁でフォウマンを祝福。スタンドからは、フォウマンのゴールを祝う惜しみない拍手が贈られた。

▲ 前半にアシストで魅せたアンドレス・ダレッサンドロ(10番)は、後半には自ら2ゴールを決めて試合を彩った
82分にはダレッサンドロがこの試合2点目のゴールをループシュートで決めれば、対するルッシオ・フレンズは85分にベロンのクロスをペナルティエリアでトラップしたジョアン・フェヘイラが、左足のハーフボレーシュートを豪快に決めて、終始和やかな雰囲気で行われた親善試合を締めくくった。

結果として、主催のダレッサンドロが2ゴール3アシストと申し分ない活躍をしてみせたのを筆頭に、レアンドロ・ダミアンが2ゴール。クラウジオ・ピッチブウが1ゴール1アシストで、ベロンは2アシストを記録した。

アンドレス・ダレッサンドロ主催親善試合 (2018/12/16)
ソリダリエダージ
(ダレッサンドロ・フレンズ)
8-5 エスペランサ
(ルッシオ・フレンズ)
ダニエウ
(ロベルト・アボンダンシエリ)
GK ジーダ
(ラウロ)
アドリアン・ゴンサーレス
(ネイ)
アントニオ・カルロス・ザーゴ
(クラウス)
マルコン
(アロイージオ)
ゼッカ
(アラン・フシェウ)
DF マイコン
(ジョナタン)
ルッシオ
(クラウジオミーロ)
アンデルソン・ポルガ
(ビニシウス)
(ジャクソン・フォウマン)
ジウベルト
ホドリーゴ・ドウラード
(マウロ・ガウボン)
(セルジオ・ベルトリッシ)
ルイス・ゴンサーレス
(エデニウソン)
タイソン
(マテウス・エンリーキ)
ホージェル・フローレス
(アレックス・ハファエウ)
(トマス・アンドラーデ)
アンドレス・ダレッサンドロ
MF ドゥンガ
(ガビラン)
(ジョアン・フェヘイラ)
マグロン
(イバーニェス)
ファン・セバスティアン・ベロン
レアンドロ・ダミアン
(ルベン・パス)
FW カイコ
(マルキーニョス)
(トニ・パシェーコ)
ルイス・アドリアーノ
(アロイージオ・ボイ・バンジード)
(クリスチャン)
アルバロ・レコバ
(レオ・パイン)
(クラウジオ・ピッチブウ)
レアンドロ・ダミアン 10
レアンドロ・ダミアン 37
タイソン 42
エデニウソン 51
ルベン・パス 65
アンドレス・ダレッサンドロ 68
セルジオ・ベルトリッシ 70
アンドレス・ダレッサンドロ 82
ゴール 17 ルイス・アドリアーノ
57 クラウジオ・ピッチブウ (PK)
62 アロイージオ・ボイ・バンジード
81 ジャクソン・フォウマン (PK)
85 ジョアン・フェヘイラ
ディエゴ・アギーレ 監督 マノ・メネーゼス
主審: サウビオ・エスピンドラ
会場: エスタジオ・ベイラ・リオ (ポルト・アレグレ)
2018.12.16

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。