Campeonato Paulista カンピオナート・パウリスタ

カルロス・エドゥアルドが移籍後初ゴール サンパウロは決勝トーナメント進出を決められず

カンピオナート・パウリスタ 2019 第11節 サンパウロ 0-1 パウメイラス
▲ チャンスでシュートを決められず、悔しい表情を浮かべるウジソン
3月16〜17日に行われたカンピオナート・パウリスタの第11節。サンパウロ州の州都サンパウロで行われたクラシコ「サンパウロ×パウメイラス」は、パウメイラスが接戦を制した。

決勝トーナメント進出がまだ決まっていないサンパウロと、すでに決勝トーナメント進出を決めているパウメイラスとの一戦。サンパウロは19分にエルナーニスが右サイドから左足のフリーキックでゴールを狙ったが、枠を捕らえたボールはブラジル代表GKウェベルトンによって弾き出された。28分には右からのクロスがパブロを経由して最後はゴンサーロ・カルネイロのヘディングシュートに至ったが、ボールはGKウェベルトンが防いだばかりか、パブロが右手を挙げて意図的にボールを叩いたとして、パブロにイエローカードが出される結果となった。

後半になると、パウメイラスは開始からカルロス・エドゥアルドを投入して盛り返していった。62分にはグスターボ・スカルパのスルーパスからヒカルド・ゴウラーがシュート体勢に入ったが、直後にエクアドル代表DFロベルト・アルボレーダのスライディングがシュートコースを消してブロックされた。

▲ 79分にゴールを決めたカルロス・エドゥアルド(左)に抱きつくドゥドゥ
0−0 のまま迎えた79分になって、やっとゴールが生まれた。左サイドに流れたカルロス・エドゥアルドがドゥドゥとのワンツーで中央へ切れ込むと、ペナルティエリアの手前で右足を振り抜きクロスバーの下を叩くミドルシュートを決めて、チームメイトの手荒い祝福を受けた。そしてこれが決勝点となった。

試合後、22歳のカルロス・エドゥアルドは「今日がパウメイラスに来て最初のゴールを決められて、素晴らしい気持ちだ。ここでやっていく自信がついた」と嬉しそうにコメント。そしてアシストしたドゥドゥは、「今日のゴールシーンは日頃から練習してきたこと。うちの3トップは流動的な機動力が長所であり、今日はカルロス(・エドゥアルド)のゴールをアシストできて嬉しいね。我々は彼がパウメイラスでさらに成長することを楽しみにしているんだ」と述べた。

この結果、敗れたサンパウロは決勝トーナメント進出に向けて次のグループステージ最終節が気を抜けない90分となってしまった。

カンピオナート・パウリスタ 2019 第11節 (2019/03/16)
サンパウロ 0-1 パウメイラス
チアゴ・ボウピ GK ウェベルトン
イゴール・ビニシウス
ロベルト・アルボレーダ
アンデルソン・マルチンス
ヘイナウド
(レオ)
DF マイキ
アントニオ・カルロス
グスターボ・ゴメス
ビクトル・ルイス
ルアン
(エベルトン・フェリッピ)
ウジソン
エルナーニス
(ブレーネル)
MF フェリッピ・メロ
モイゼス
(ブルーノ・エンリーキ)
グスターボ・スカルパ
ゴンサーロ・カルネイロ
パブロ
アントニー
FW ヒカルド・ゴウラー
ミゲル・アンヘル・ボルハ
(カルロス・エドゥアルド)
ドゥドゥ
(ジェアン)
ゴール 79 カルロス・エドゥアルド
パブロ
アンデルソン・マルチンス
イエロー
カード
モイゼス
グスターボ・ゴメス
アントニオ・カルロス
ミゲル・アンヘル・ボルハ
カルロス・エドゥアルド
バギネル・マンシーニ 監督 ルイス・フェリッピ・スコラーリ
主審: チアゴ・ドゥアルチ・ペイショート
会場: エスタジオ・ド・パカエンブー (サンパウロ)
2019.03.16

★カンピオナート・パウリスタの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。