Liga MX メキシコ1部リーグ 2019 後期

ジニャック不在でも元U-20コロンビア代表J.キニョーネスの2ゴールなどで暫定首位に浮上

リーガ BBVA Bancomer MX (メキシコ1部リーグ) 2019 後期 第11節 ティグレスUANL 4-1 ケレタロ
▲ 12分にヘディングシュートを決めたメキシコ代表DFカルロス・サルセード(中央)を祝福するチリ代表FWエドゥアルド・バルガス(左)と元U-20コロンビア代表FWジュリアン・キニョーネス(右)
3月15〜17日に行われたリーガMX(メキシコ1部リーグ)の2019 後期の第11節。モンテレイで行われた「ティグレスUANL×ケレタロ」は、ティグレスが快勝した。

首位に返り咲きたいティグレスは立ち上がりに畳みかけた。まずは7分、右サイドからのクロスに元U-20コロンビア代表FWジュリアン・キニョーネスがダイビングヘッドで合わせて先制すると、13分にはコーナーキックでニアサイドに飛び込んだメキシコ代表DFカルロス・サルセードがヘディングでゴールネットを揺らして 2-0 とした。

優位に試合を進めたティグレスは、41分にチリ代表FWエドゥアルド・バルガスのミドルシュートがポストに嫌われる惜しい場面もあり、点差以上の内容で前半をリードした。

後半、ティグレスは54分に左サイドをドリブルで崩したフランシスコ・ベネーガスがクロスを上げると、ジュリアン・キニョーネスがこの日2点目のゴールをヘディングで決めて 3-0 とする。ケレタロは69分にショートパスをつないで最後はコートジボアール代表FWアケ・ロバのゴールで1点を返したが、ティグレスは74分にロングパスで前線を上がったエドゥアルド・バルガスが右足でシュートを決めて 4-1 とした。

76分にはメキシコ代表FWハビエル・アキーノがペナルティエリアで倒されて主審は一旦ペナルティスポットを指したものの、VAR(ビデオアシスタントレフェリー)システムでの映像確認を経て、PKを取り消す一幕もあった。

勝ったティグレスは暫定首位に浮上。翌日の試合でレオンが引き分け以下に終われば、暫定の二文字が消えて首位に返り咲ける。

リーガ BBVA Bancomer MX (メキシコ1部リーグ) 2019 後期 第11節 (2019/03/16)
ティグレスUANL 4-1 ケレタロ
ナウエル・グスマン GK ニコラス・ナバーロ
カルロス・サルセード
(フランシスコ・メサ)
ウーゴ・アジャラ
ルイス・ロドリゲス
フランシスコ・ベネーガス
DF ルイス・ロモ
ディエゴ・ノバレッティ
リカルド・ペーニャ
アレクシス・ペレス
ギド・ピサーロ
ヘスス・ドゥエーニャス
エネル・バレンシア
(ハビエル・アキーノ)
エドゥアルド・バルガス
ジュリアン・キニョーネス
MF ハイメ・ゴメス
(ジョルディ・コルティーソ)
カルロス・アコスタ
(パオロ・イリサル)
ジョルダン・シエーラ
マルセル・ルイス
(カミーロ・サンベッソ)
ルイス・キニョーネス
(ルーカス・セララジャン)
FW ダニエル・ビジャルバ
アケ・ロバ
ジュリアン・キニョーネス 07
カルロス・サルセード 12
ジュリアン・キニョーネス 53
エドゥアルド・バルガス 73
ゴール 69 アケ・ロバ
カルロス・サルセード イエロー
カード
カミーロ・ダ・シルバ
リカルド・フェレッティ 監督 ビクトル・ブセティッチ
主審: フェルナンド・エルナンデス・ゴメス
会場: エスタディオ・ウニベルシターリオ (モンテレイ)
2019.03.16

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。