Copa Oro de la Concacaf 2020 コンカカフ・ゴールドカップ 2019

決め手を欠いたメキシコが奪ったゴールはPK 粘るハイチを蹴り落として2大会ぶりの決勝進出

コンカカフ・ゴールドカップ 2019 準決勝 メキシコ 1-0 ハイチ
▲ 延長の立ち上がりにPKを決めたラウール・ヒメーネス(中央)
6月15日から開催されている北中米カリブ海の国際大会「コンカカフ・ゴールドカップ」。29日にU.S.A.のアリゾナ州グレンデールで行われた準決勝「メキシコ vs ハイチ」は、延長にもつれ込んだ末にメキシコが決勝進出を果たした。

ハイチはキックオフの54秒後にファーストシュートを放ったが、フホンニ・ピエロの左足によるシュートは浮いてしまう。対するメキシコは7分に右サイドからロベルト・アルバラードが上げたクロスがペナルティエリアでアレックス・ジュニオール・クリスティアンの左腕に当たったが、主審はハンドをとらず。11分にはコーナーキックから最後はラウール・ヒメーネスが左足で合わせたが、シュートはわずかに浮いてしまった。

メキシコはボール支配率でもシュート数でも凌駕していたが、チャンスで決めきれず無得点でハーフタイムを迎えた。。

後半、メキシコは決定機を迎えても、フィニッシュの精度を欠いてゴールが遠い。しかしハイチもまたフィニッシュに持ち込みきれないシーンが多く、こちらも同様にフィニッシュの精度を欠いた。終盤はハイチにも多くのチャンスがあったが、先制しきれず。90分を終えてもゴールがなく、0-0 で延長戦に突入した。

延長戦の立ち上がりに、試合が動いた。メキシコの攻撃を止めようとしたエルブ・バジールが高く上げた右足が、ペナルティエリアでラウール・ヒメーネスを蹴り上げた形になり、ヒメーネスが転倒すると主審はPKスポットを指した。そしてこのPKをラウール・ヒメーネスが自ら決めて、メキシコが待望の先制点を得た。そしてこのゴールが決勝点となり、メキシコが決勝への切符を手にした。

コンカカフ・ゴールドカップ 2019 準決勝 (2019/06/29)
メキシコ 1-0 ハイチ
ギジェルモ・オチョア GK ジョニー・プラシード
ルイス・ロドリゲス
カルロス・サルセード
エクトル・モレーノ
ヘスス・ガジャルド
DF カルラン・アーク
アンドリュー・ジャン=バティスト
ジェムス・ジェフラール
アレックス・ジュニオール・クリスティアン
エディソン・アルバレス
(ディエゴ・レジェス)
ジョナタン・ドス・サントス
(ルイス・モンテス)
アンドレス・グアルダード
(カルロス・ロドリゲス)
MF スティーヴン・サバ
(ザシャリ・エリボー)
ブリアン・アルセウ
ウィルド=ドナール・ゲリエ
(ミカエル・カンターヴ)
エルブ・バジール
ドゥッケン・ナゾン
(ダーリック・エティエンヌ)
ロベルト・アルバラード
(ウリエル・アントゥーナ)
ラウール・ヒメーネス
ロドルフォ・ピサーロ
FW フホンニ・ピエロ
(ジョネ・デシール)
(PK) ラウール・ヒメーネス 93 ゴール
ルイス・ロドリゲス
エクトル・モレーノ
イエロー
カード
ブリアン・アルセウ
ヘラルド・マルティーノ 監督 マルク・コラ
主審: マリオ・アルベルト・エスコバル・トカ (グアテマラ)
会場: ユニバーシティ・オブ・フェニックス・スタジアム (グレンデール)
2019.06.29

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。