Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

“ガビゴウ”にディナモ・モスクワが関心 インテルが年末に完全移籍で放出する可能性は?

ロシアの名門ディナモ・モスクワがブラジル代表FWガブリエウ・バルボーザの獲得を検討か
▲ ディナモ・モスクワから関心を持たれていると報じられた“ガビゴウ”ことブラジル代表FWガブリエウ・バルボーザ
フラメンゴでゴールを量産しているブラジル代表FWガブリエウ・バルボーザに、ロシア行きの噂が出ている。獲得を検討しているのは、ロシアの名門ディナモ・モスクワだ。

イタリアのスポーツ情報サイト「FC Inter News」によれば、ディナモ・モスクワは完全移籍でガブリエウ・バルボーザの獲得を検討していて、権利を有するインテル(イタリア)に最大で1,500万ユーロ(日本円で約17億9千万円)の移籍金を支払うこともいとわないと報じられている。

ガブリエウ・バルボーザは2016年にインテルへ移籍したがフィットせず、2017年以降はベンフィカ(ポルトガル)、サントス、フラメンゴと渡り歩いているが、ベンフィカ以降はすべてインテルからのレンタル移籍。それだけに、インテルが“ガビゴウ”を放出するかは不明だ。

ちなみに、ディナモ・モスクワが獲得に向けて動き出すのは、ブラジレイロンが閉幕する2019年12月とみられている。

◆ ガブリエウ・バルボーザ

本名:
ガブリエウ・バルボーザ・アウメイダ
生年月日:
1996年8月30日生まれ(22歳)
出身:
ブラジル(サンパウロ州サン・ベルナルド・ド・カンポ)
身長:
178cm
ポジション:
フォワード

8歳からサントスの下部組織で鍛え抜かれ、2011年にはU-15ブラジル代表にも選出。以降、各年代のブラジル代表に招集され続けている。2013年にサントスの下部組織から昇格すると、ネイマールらとともに活躍した。2016年のオリンピックでの活躍を買われてインテル(イタリア)へ渡ったが、出場機会が少なく。翌2017年にはベンフィカ(ポルトガル)に貸し出されたが出場試合数は5に留まり、半年間でベンフィカから契約解除された。母国ブラジルに戻ると、サントス、フラメンゴでそれぞれゴールを量産して、かつての輝きを取り戻した。愛称は「ガビゴウ」。

2019.08.05

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。