CONMEBOL Libertadores コンメボル・リベルタドーレス 2019

リーベルへの忖度ジャッジにチラベル氏が激怒 「リーベルに肩入れする犯罪者を世界的に恥じる」

元パラグアイ代表GKホセ・ルイス・チラベル氏が「リーベル・プレート vs セロ・ポルテーニョ」でのVAR判定に激怒
▲ 引退後はコメンテーターとして活躍している元パラグアイ代表GKホセ・ルイス・チラベル氏
22日にアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで行われたリベルタドーレスの「リーベル・プレート vs セロ・ポルテーニョ」で、開始直後にVAR判定によってリーベルにPKが与えられた場面について、元パラグアイ代表GKホセ・ルイス・チラベル氏が猛然と批判した。

チラベル氏が憤慨したのは、当該の試合での前半2分。ペナルティエリアでニコラス・デ・ラ・クルスが、ボールを蹴った直後に元ジェフ千葉のFWホアキン・ラリベイのスパイクの裏が自身のすねに衝突。デ・ラ・クルスが左足を抑えてうずくまると、VARからの無線連絡を受けて映像確認をしたペルー人主審のビクトル・ウーゴ・カリージョ氏は、ラリベイにイエローカードを出してリーベルにPKを与えた。そしてこの判定が、リーベルに先制点をもたらすこととなった。

このときのジャッジについて、チラベル氏は公平性に欠けると怒りを爆発させた。

「リーベルに肩入れする犯罪者(CONMEBOL)を世界的に恥じる。 Corrupbol (コルップボル=腐敗したCONMEBOL)は、FOXスポーツのメディアピエロとセックスしてズブズブに癒着している」

▲ リーベルにPKを与えるジャッジをしたペルー人主審に詰め寄って抗議するセロ・ポルテーニョのイレブン
Corrupbol とは、corrupto(腐敗した)と CONMEBOL(南米サッカー連盟)とを掛け合わせた造語で、昔からCONMEBOLを批判しているチラベル氏は、この造語をことあるごとに使っている。

チラベル氏は先のコパ・アメリカでも「Corrupbol はこれまで以上に汚れている」、「Corrupbol には民主主義と表現の自由がない」、「もはやマフィアであり、南米サッカーを傷つけている」などと表現して、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシにペナルティを科したCONMEBOLを公然と批判したばかりだ。

今回の件を受けて怒りをあらわにしたチラベル氏は、CONMEBOLの浄化を目的に、2023年までにCONMEBOLの会長職、もしくはパラグアイの大統領職を目指すと明言した。

◆ ホセ・ルイス・チラベル

本名:
ホセ・ルイス・チラベル・ゴンサーレス
生年月日:
1965年7月27日生まれ(54歳)
出身:
パラグアイ(ルケ)
身長:
185cm
ポジション:
ゴールキーパー (現役時代)

1980年に15歳で地元のスポルティーボ・ルケーニョでデビューすると、即戦力として重用されて、U-15やU-17などのパラグアイ代表にも招集されるようになった。その後グアラニーに移籍すると、1984年には19歳でサン・ロレンソ(アルゼンチン)へ移籍して活躍。そして1988年には欧州に渡り、レアル・サラゴサ(スペイン)でも活躍した。1991年にアルゼンチンに戻り、ベレス・サルスフィエールの守護神として10年間活躍。キックの精度が高く、ベレス在籍時にはフリーキックやPKなどで48ゴールも叩き出し、パラグアイ代表でもしばしば直接フリーキックやPKを決めている。2000年にはストラスブール(フランス)に移籍して、2003年にはペニャロール(ウルグアイ)でも活躍。2004年に古巣のベレスに戻り、39歳で現役を引退した。元パラグアイ代表で、ワールドカップには1998年フランス大会と2002年日韓大会に出場。引退後はコメンテーター(解説者)として活動する傍ら、アルゼンチンで環境関連の会社を経営している。

2019.08.22

★コンメボル・リベルタドーレス2019のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。