Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

インテルの守護神がラグビー選手さながらのハンドで退場 クラシコを制したグレミオは5位をキープ

カンピオナート・ブラジレイロ 2019 第30節 グレミオ 2-0 インテルナシオナウ
▲ 33分に先制のゴールを決めたペドロ・ジェロメウの背中に飛び乗るブラジル代表FWエベルトン
11月2〜3日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2019 の第30節。リオ・グランジ・ド・スウ州の州都ポルト・アレグレで行われたクラシコ「グレミオ×インテルナシオナウ」は、グレミオに軍配が上がった。

グレミオは8分にアルゼンチン代表DFワルテル・カンネマンがコーナーキックに頭で合わせ、相手の腕にボールが当たるも主審が流したことにグレミオのイレブンが詰め寄って抗議する一幕も。その後もフィニッシュの数で相手を上回ったグレミオは、33分にペドロ・ジェロメウがフリーキックに頭で合わせて先制した。

後半、グレミオは立ち上がりの46分にブラジル代表FWエベルトンがペナルティエリアでシュートコースを作って左足を振り抜いたが、ボールはポストを直撃。対するインテルナシオナウは50分に攻め込まれた際に、ペナルティエリアまで駆け上がったルシアーノの足元から離れたボールを体に当てたGKマルセーロ・ロンバが、ペナルティエリアの外までボールを追いかけた際にラグビー選手さながらのアクションでボールを両手に収めた。主審はGKマルセーロ・ロンバにレッドカードを提示し、インテルナシオナウのイレブンは主審に詰め寄って抗議したが、レッドカードが取り消されることはなく、インテルナシオナウは数的不利に陥ってしまった。

▲ 50分にペナルティエリア外へ飛び出してボールを手で処理したGKマルセーロ・ロンバ(左)にレッドカードを提示する主審
グレミオは70分にマテウス・エンリーキのシュートをキーパーが弾いて、元ブラジル代表FWジエゴ・タルデッリがジャンピングボレーで合わせるも、枠を捕らえたボールはホドリーゴ・モレードに左足でクリアされた。それでも77分に、ぺぺが左サイドから中央へ折り返したボールを、ホムーロがペナルティアーク付近から左足でクロスバーの下に当てるシュートを決めて 2-0 とした。

インテルナシオナウは後半の開始から元アルゼンチン代表MFアンドレス・ダレッサンドロを投入するなど、キーパーを投入した以外では攻撃的な采配をしたものの、数的不利に陥ったこともありゴールが遠かった。

宿敵を撃破したグレミオは5位をキープした一方、インテルナシオナウは7位に後退した。

カンピオナート・ブラジレイロ 2019 第30節 (2019/11/03)
グレミオ 2-0 インテルナシオナウ
パウロ・ビクトル GK マルセーロ・ロンバ
ハファエウ・ガリャルド
(レオナルド・モウラ)
ペドロ・ジェロメウ
ワルテル・カンネマン
ブルーノ・コルテス
DF ブルーノ
(パトリッキ)
ホドリーゴ・モレード
ビクトル・クエスタ
ウエンデウ
マイコン
(ホムーロ)
マテウス・エンリーキ
ジエゴ・タルデッリ
MF ホドリーゴ・リンドーゾ
エデニウソン
ネイウトン
(アンドレス・ダレッサンドロ)
ギリェルミ・パレージ
(ダニーロ・フェルナンデス)
アリソン
ルシアーノ
(ペペ)
エベルトン
FW パオロ・ゲレーロ
ウェウリントン・シウバ
ペドロ・ジェロメウ 33
ホムーロ 77
ゴール
マイコン
ブルーノ・コルテス
イエロー
カード
エデニウソン
パトリッキ
レッド
カード
マルセーロ・ロンバ
ヘナット・ガウーショ 監督 ゼ・ヒカルド
主審: フラービオ・ホドリゲス・ジ・ソウザ
会場: アレーナ・ド・グレミオ (ポルト・アレグレ)
2019.11.03

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。