Liga Profesional de Primera Division ウルグアイ1部リーグ

チリ、ボリビアに続きウルグアイでもリーグ戦が順延 理由はウルグアイ審判協会会長宅への襲撃

AUDAF(ウルグアイサッカー審判協会)が後期第15節の全試合順延を急遽決定
▲ AUDAF(ウルグアイサッカー審判協会)の会長宅襲撃事件を受けて出された声明文
AUDAF(ウルグアイサッカー審判協会)は29日、週末に行われる予定だったウルグアイ1部リーグの後期第15節を延期すると発表した。その理由は、同協会のマルセーロ・デ・レオン会長の自宅が空き巣被害に遭ったためとしている。

事件は28〜29日に発生したとみられ、同会長の自宅において複数の破壊行為が確認された。金品が数点盗まれていたほか、壁には「BOLSO(ボルソ)」という落書きも確認された。レオン会長とその家族は当時外出中で不在だった。さらにこの数日前には、SNS上で同会長に対する殺害予告も確認されていて、地元当局は空き巣被害との関連も含めて現在捜査を進めている。

これを受けて、AUDAFの取締役会は緊急会議を実施。約1時間15分に及んだ話し合いを経て、週末の後期第15節を全試合順延すると決定、発表するに至った。この決定に関して、AUDAFの顧問弁護士であるフェルナンド・デ・ロス・サントス氏は「このような状況ではリーグ戦での選手や観客、そして審判団の安全を保証できない」と説明している。

なお、順延が決まった後期第15節の全試合は、1週間後の12月7〜8日に開催される見込みだが、この日程も含めて12月3日にAUDAFで総会を開いて煮詰めると報じられている。

南米大陸では10月以降、国内の政情不安によりチリとボリビアでそれぞれ国内リーグが開催不能になる事態に陥った経緯がある。ボリビアは6週間ぶりに再開できたが、チリは年内の開催は不可能としてシーズン途中での強制終了を余儀なくされている。
2019.11.29

★ウルグアイ1部リーグをチェックしたい方はこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。