CONMEBOL Libertadores コンメボル・リベルタドーレス 2019

サンティアゴ市長は「国内リーグを再開できない場合はリベルタドーレスも開催不可能」と表明

CONMEBOL(南米サッカー連盟)が5日にリベルタドーレスの決勝に関する緊急会合を実施へ
▲ チリ国内では首都サンティアゴを初めとして暴動に収束の気配がない
チリ国内で暴動が収束をみせない状況に、CONMEBOL(南米サッカー連盟)が動き出した。5日(日本時間で6日)に緊急会合を開くと突然発表。チリの首都サンティアゴで23日に開催予定のリベルタドーレス決勝について議論される見込みで、最悪の場合順延または開催都市変更という不測の事態もありうる情勢になった。

リベルタドーレスの決勝が中立地での一発勝負になる旨は、2018年8月に発表。チリは南米でも治安の良い国として知られていて、問題なく開催されると思われていた。ところが、約1ヶ月前に地下鉄の運賃値上げに端を発した抗議デモが、やがて暴動に発展すると、その影響はサッカー界にも波及。国内リーグが10月中旬以降、全試合中止という異常事態に陥ってしまった。

それでもCONMEBOLやチリ政府などは、23日までに暴動は落ち着くとして予定通りサンティアゴで決勝を行うと主張してきた。しかし、11月第1週にも国内リーグを再開できていない現実を受けて、CONMEBOLがAFA(アルゼンチンサッカー協会)とCBF(ブラジルサッカー連盟)、そしてANFP(チリサッカー連盟)の会長らをパラグアイの首都アスンシオンに呼び寄せることを決定。CONMEBOL本部で行われる緊急会合には、リーベルの会長ら幹部数人がAFAに、フラメンゴの会長ら幹部数人はCBFにそれぞれ帯同する形でアスンシオンへ向かうことになった。

これを受けて4日、サンティアゴのフェリペ・ゲバラ市長はアルゼンチンのラジオ局のインタビューに応じて「チリの国内リーグが再開できる状況にならないと、リベルタドーレスの決勝も開催できない」と明言。3週間も中断している国内リーグの再開が、リベルタドーレスの決勝開催の最低条件であると示した。

現時点で明確になっているのは、2018年までのレギュレーションであったホーム&アウェイの決勝には戻さないことで、CONMEBOL側は是が非でも一発勝負の決勝戦を実施する構えだ。もしもサンティアゴでの開催が不可能となった場合は、CONMEBOLの本部もあるパラグアイの首都アスンシオンに変更する公算が大きいという。

一方で5日にサンティアゴでは、プロサッカー選手組合による会議が予定されているほか、当局とANFPによる会議も予定されていて、この2つの会議によって今週末に国内リーグを再開するか否かが決まる見通しだ。同日は、サンティアゴとアスンシオンとで情報を共有して会議が進行されるようだ。

果たして、5日の会合を経てリベルタドーレスの決勝はどのような結論に至るのか。
2019.11.04

★コンメボル・リベルタドーレス2019のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。